VOICEお客様の声

CASE 1

リスク評価がキッカケで甲状腺に腫瘍を早期発見。A.K 様 / 44歳女性 / 東京都 / 会社員

  • 乳がん検診。子宮頸がん検診異常なし
  • Noah判定にてD判定
  • PET検査にて甲状腺に異常が見つかる
  • 早期の「甲状腺がん」と診断

健康診断、がん検診で異常なし。
健康優良だった私がまさか・・・

夫の勧めで「まも~る」に夫婦で入会しました。直前に受けた乳がん・子宮がん検診でも何の異常もなかったので、気楽な気持ちで「まも~る」の検査を受けました。しかし、結果はD判定。まさかと思いましたが、念のため人間ドックに行き精密検査をしたところ、なんと甲状腺に腫瘍が見つかり、お医者様からはがんと言われました。
がんと言われ大変ショックでしたが、早期発見とのこともあり、大事にはいたらず今も元気に生活できています。「まも~る」の検査を受けなければどうなっていたかと考えると本当にゾッとします。手軽にできる尿検査ということもあるので私も友人に勧めようと思っています。「まも~る」に入って本当に良かったです。

CASE 2

大腸がん早期発見ができて、娘に心から感謝しています。T.K 様 / 72歳女性 / 神奈川県 / 自営業

  • Noah判定にてD判定
  • 胃内視鏡、大腸内視鏡検査を受診
  • 5個のポリープが見つかる
  • 内1個が早期の「大腸がん」と診断

がん検査に関心が無かった私に、
「まも~る」がきっかけをくれました。

娘の勧めで「まも~る」に家族で入会し、リスク評価を受けたらD判定が出たので、まずは胃カメラと大腸カメラの検査をしました。その結果、胃に2個のポリープ、大腸に3個のポリープが見つかり大変驚きました。大腸のポリープ3個の内1個が悪性で、“大腸がんの腺がん”と告知されました。しかし、悪性の腫瘍は早期発見だったようで、早期治療することができ、私も娘もホッとしています。
普段から健康には自信があり、がん検査などはほとんど行っていませんでしたので、そのまま過ごしていたらと思うと恐ろしいです。今回の経験で早期発見が大切なことを改めて実感しました。現在は生活習慣を新たに見直し、毎日楽しく過ごしております。「まも~る」を勧めてくれた娘には本当に感謝しています。

CASE 3

大腸ポリープ発見!放っておいたら!?N・K 様 / 53歳男性 / 大阪府 / 会社社長

  • Noah判定にてC判定
  • 胃内視鏡、大腸内視鏡検査を受診
  • 10mmの大腸ポリープ(良性)が見つかる
  • 発見が遅ければ
    悪化していた可能性があった

健康診断毎年異常なし。
“念のため”のがん検査で・・・

毎年受ける健康診断で異常なし。リスク検査の判定結果がCでしたので、念のため全身のがん検査をしてみました。すると、大腸にポリープが見つかったんです!医師からは「このまま放っておいたらがんになる可能性が高かったから、早期発見のうちに取れて本当に良かったですね」と言われました。更に、「腫瘍ががんになっても自覚症状はほとんどない」とも言っていました。ということは、リスク検査をしていなかったらがん検査をすることは無かった。自覚症状が現れてから病院で発覚していたら、今の生活は送れなかったのかもしれません。「まも~る」には本当に感謝しています!

CASE 4

怖れていた肺がんもなく、すっかり安心していました。H・T 様 / 74歳男性 / 東京都 / 会社会長

  • 10年前、肺がんの疑い異常なし
  • Noah判定にてD判定
  • ピロリ菌・内視鏡カメラで
    20mmの腫瘍が見つかる
  • 早期の「胃がん」と診断

手軽な検査で胃がん早期発見!
何よりも家族が安心してくれました。

長いこと煙草を吸っていたので、肺がんになるかもしれないという意識は昔からありました。10年前にいよいよ肺がんの疑いがかかり、2年ほどがんセンターに通ったけれど、結果的にはがんではなかったので、すっかり安心していました。会社員の頃は健康診断に加え、人間ドックを受けられる制度があったので受診していましたが、特に異常なし。退職後は元気だったこともあり、自ら進んでわざわざ人間ドックを受けに行く気にはならなかったです。時が経ち、知人の紹介で「まも~る」に入会後、すぐに軽い気持ちでNoah検査を受検。すると結果はD判定。まさかとは思いましたが、ピロリ菌検査と胃内視鏡カメラを受けてみたら20mmの腫瘍が見つかり、胃がんと宣告されてしまいました。自覚症状も無いし元気だったので、びっくりしたと同時にショックを受けましたが、早期発見だったとのことで命に別条がなく本当によかったと思っています。何よりも家族が一番ほっとしていたのが印象的でしたね。「まも~る」のような手軽な検査がきっかけで、がんの早期発見が出来たことを非常に感謝しています。

CASE 5

がんで他界した姉の最後の言葉は「がん検診ちゃんと受けてね」M・M 様 / 58歳女性 / 神奈川県 / 自営業

  • 健康診断・女性がん検診異常なし
  • Noah判定にてD判定
  • がんドックでピロリ菌と萎縮性胃炎が見つかる
  • 胃がんになるリスクが高いと診断

健康に自信があった私の身体には
高い胃がんのリスクが・・・

健康診断・女性特有のがん検診も毎年異常がなく、普段から適度な運動を心がけるなど生活習慣にも気を使っていたので、健康には自信がありました。一方で、父と姉をがんで亡くしており、がんは他人事ではないという不安も抱えていたので「まも~る」に入会したんです。早速リスク検査を受けたところ、なんと判定結果はD。今までがんドックは受けたことがなかったので全身をくまなく調べた結果、医師からは萎縮性胃炎と診断されました。さらに、その発生母地にピロリ菌が見つかり、胃がんになる可能性が高いと言われ驚きました。リスク検査を受けなかったら、気づかないうちに胃がんになり進行した状態になっていたかも…と考えると怖いですよね。家族をがんで失う辛さ、闘病の厳しさは身をもって経験していましたので、早期に治療することが出来て本当に良かったです。おかげで今は毎日楽しく元気に暮らしています!「まも~る」をこれからも大切な人にすすめていきたいです。

CASE 6

カルチノイド腫瘍が見つかり、がん保険も適用。K・A 様 / 50歳男性 / 静岡県 / 会社社長

  • Noah判定にてD判定
  • CT・PET・人間ドック異常なし
  • 内視鏡検査で大腸に4つのポリープ
  • 精密検査で「カルチノイド腫瘍」と診断

健康に全く関心のなかった
私が変わったんです。

「まも~る」の会員となり、リスク評価を受けたところ、がん細胞代謝リスクがD判定。実際にDが出て初めてがん検診を受けなければと思いました。PET/CT、人間ドック、胃・大腸内視鏡検査などできる検査をしたところ、大腸に4つポリープが見つかりました。精密検査をすると3つが良性、1つがカルチノイド腫瘍と言われました。がんではなかったものの、悪性化する可能性もあったとのことで早期に切除できてよかったです。驚いたことに、がん保険の“上皮内新生物”という項目にあたるものであり、診断給付金を受けとることができました。これを機にガラッと健康意識が変わり、今では食生活も改善し、検査も毎年定期的に受けようと、自分でも驚くほどです。初めて現実を突きつけられた気がして、がん検診に行くいいキッカケになりました。自分一人では絶対に行かなかったと思うので「まも~る」には感謝しています。毎年続けることに意味があると強く感じますね。

CASE 7

両親を胃がんで亡くしていたため、常に早期発見を意識。H・K 様 / 70歳男性 / 東京都 / 自営業

  • 1年目Noah判定にてA判定
  • 2年目Noah判定にてC判定
  • 胃と大腸の内視鏡検査を実施
  • 大腸に8個、胃に1個の
    ポリープを早期発見

家族のためにも、自分のためにも、
これからはもっと「まも~る」の
サービスを利用していきたいです。

両親を胃がんで亡くし、自分も4年前に大腸ポリープを切除していたこともあって、胃がんや大腸がんのことは常に意識していました。縁あって「まも~る」に入会。すぐに検査をしたところ、結果はA判定でほっとしていました。ところが、翌年2回目の検査ではC判定という結果に。直感で「今回も大腸ポリープかな」と思いつつ、40年前から信頼しているかかりつけのクリニックがあったので、急いでがん検査を予約。大腸内視鏡と胃カメラ検査の結果、大腸に8個、胃に1個のポリープが見つかりました。自覚症状はなかったものの、医師によると胃のポリープは15ミリあったそうです。妻と息子は「このまま放置していたらがんになっていたかもしれないね。早く見つかって良かった」と安心してくれました。現在はとても調子がいいです。もともと、間食はしない、添加物の入った食べ物をなるべく控えるなど食生活には気をつけていましたが、これからは無理のない範囲で運動もしていきたいです。年齢とともにあらわれてきた気になる症状や、家族のことも相談できる「ドクター相談24」など、Noah検査以外のサービスも積極的に利用していきたいと思います。今こうしていられるのは「まも~る」のおかげです。改めて、「まも~る」に入会してよかったです。

CONTACTお申し込み・お問い合わせ