がんを予防するための
メディカルクラブ

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問
リスク評価「Noah」はどのように行われるのですか?
リスク評価「Noah」は少量の尿(20mL程度:10mL程度×2本)を採取して、その尿に含まれるALA代謝異常の指標と酸化ストレスの指標から、がんのリスク評価を行います。

リスク評価「Noah」の結果はどのくらいで報告されるのですか?
検体をお送りいただいてから約3~4週間程度でご自宅に検査結果報告書が届きます。

「Noah」を受検すれば、他のがんに対する検査は受けなくても大丈夫ですか?
「Noah」は、がん検診とは異なり、尿に含まれるALA代謝異常の指標と酸化ストレスの指標から、がんのリスクを評価する新しい検査です。他のがんに対する検査と併用することで、がんの予防または早期発見の可能性が高くなると考えられます。

「Noah」は1度検査をすれば良いのですか?
「Noah」は採尿を行った時のがんのリスク評価を行うものです。生涯にわたってのリスクを予測するものではありませんので、定期的に「Noah」をお受けになることをお勧めします。

がんであるリスクとは、どのようなことですか?
リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。

評価結果が「Dランク」となったら、がんなのですか?
「Noah」は、がんのリスクを評価するものであるため、「Dランク」となっても、がんである可能性やリスクが高いということであって、必ずがんであるということではありません。また、「Aランク」となっても、必ずがんではないとは言いきれません。

ランク別の、がんのリスクはどのくらいなのですか?
総合評価におけるランク別のがんのリスクは以下のとおりです。

「Aランク」…「Aランク」の基準値解析統計データでは、健常者の割合が9割以上となります。細胞代謝機能異常、酸化ストレスがいずれも高くないレベルにある段階です。服用中の薬や健康食品の影響、その他注意事項に記載されている他の要因等の影響がない場合、統計的には、体内環境は健常者に近いレベルにあることを示しています。

「Bランク」…「Bランク」の基準値解析統計データでは、健常者の割合が7割以上となりますが、ややがん患者の割合が増える段階となります。日本人の年間がん罹患リスクを1とした場合、Bランクの相対リスク値※は1未満程度となり、他の要因等の影響がない場合、統計的にはがん患者よりは健常者の体内環境に近いことを示しています。

「Cランク」…「Cランク」の基準値解析統計データでは、がん患者の割合が増えるリスク段階です(がん患者の割合が7割以上)。日本人の年間がん罹患リスクを1とした場合、「Cランク」の相対リスク値は3~4となり、注意事項記載要因等の影響がない場合、統計的には、健常者よりも、がん患者に近い体内環境にあることを示しています。

「Dランク」…「Dランク」の基準値解析統計データでは、がん患者の割合が9割以上となるリスク段階です。日本人の年間がん罹患リスクを1とした場合、「Dランク」の相対リスク値は、10以上となります。注意事項記載要因等の影響がない場合、統計的には、がん患者の体内環境に近い状態にあることを示すリスクランクとなります。

※相対リスク値は基準解析データの更新により変更となる場合があります。

資料請求・商品についての
お問い合わせ・ご相談ください